【Release】韓国式セルフ写真館サービス開始

 

みんなの写真館 Studio花(店舗:三重県桑名市、代表:安達 崇、以下、Studio花)は、現在、TikTokやInstagramなどの各種SNSで、若者を中心に大きな注目を集めている「韓国式セルフ写真館」サービスを、2021年10月3日(日)に開始しました。

 

【韓国式セルフ写真館の特徴】

1.利用者はスタジオの一室を貸し切り、スタジオ設置のカメラで自分でリモコン操作して撮影します。

2.各プラン撮影時間枠内で撮影枚数は無制限。希望者は撮影データをすべて受け取り可能です。

3.写真はモノクロが主流。各種SNSに投稿し易いように、縦長の写真を撮影します。

 

【サービス開始の背景】

新型コロナウィルス感染症のまん延により、長い期間にわたり、外出が制限されています。その為、旅行先で写真を撮影したり、ゲームセンターのプリクラで写真を撮影する機会が減っています。
一方で、現在、コロナ禍における巣ごもり需要で、韓国ドラマや韓国映画が再注目をされるなど、「第4次韓流ブーム」が起きており、首都圏を中心に、若者の間では、韓国式のセルフ写真館が注目を集めています。

Studio花は「撮影した写真を売る」のではなく、「撮影する体験を売る」がコンセプトの写真館です。
写真を撮る楽しさを、より多くの人に知っていただくために、今年6月より、スタジオレンタルサービスを開始しました。

これまでのサービスでは、お客様にカメラを持ち込んでいただき、家族の記念写真を撮影する利用法がメインでした。
今回、もっと幅広い年代層の方に写真館の利用を楽しんでいただくために、韓国式セルフ写真館スタイルを取り入れることにいたしました。(三重県初。当店調べ)

 

【課題解決】

 韓国式セルフ写真館を広くご利用いただくことで、

①気軽に海外旅行気分を味わっていただきたい

②貸し切りのスタジオで他の利用者と密になることを気にせずに安心して楽しんでいただきたい

③写真館を気軽にレンタルして楽しむ文化を広めたい

と考えています。
 
当プレスリリースに関するお問い合せは、お問合せフォームよりお願い致します。

 

\このページをシェア/